正木町須賀コンセプトハウス 表層地盤改良

正木町須賀コンセプトハウス 工事スタートです!

まずは地盤改良を行います。

どんなに耐震性能の高い家を建てたとしても、

それを支える地盤が弱ければその上に建つ家が揺れたり歪んだり、

液状化してしまうと沈み込んでしまいます。

そのため、家を建てる前に地盤の調査を行い

改良を行うことが必要となります。

今回は"表層地盤改良"という工法で、

表層部の軟弱な地盤部分を掘削し

セメント系固化材を土に混ぜて十分に締固めることで強度を高めます。

土に混ぜるセメント系固化材が、この大きな袋の中に入っています!

重機で土と固化材を混ぜ合わせます。

翌日、機械による転圧が行われました。

しっかりと締め固められて、丈夫な地盤が完成しました!

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 16:06
comments(0), -
鉄筋組み

鉄筋組みが行われました。

鉄筋組みは、基礎の強度を高めるためにコンクリートの打ち込み前に

鉄筋を組んでいく作業のことです。

正しく施工されていないと基礎の強度が不足したり、

コンクリートにヒビが発生したりする原因となるため重要な作業です。

コンクリートに覆われて見えなくなってしまう部分ですが、

職人さんの手によって鉄筋と鉄筋がしっかりと結束されています。

組み上がった写真を見ると、圧巻ですね!

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 08:42
comments(0), -
配筋検査

鉄筋はコンクリート打設後に隠れてしまうため、

コンクリートの打設前に工事監理者が現物を見て検査を行います。

図面通りに鉄筋が組まれているかチェックをします。

この検査に合格しないとコンクリートを打設できません。

検査が完了しました!

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 09:06
comments(0), -
基礎 コンクリート打設

基礎に型枠が組まれ、

底盤部分にコンクリートが打設されました。

ミキサー車からホースでコンクリートを流し込み、

機械で振動を与えて締め固めを行います。

これによりコンクリート中の余計な空気や水分を出し、

全体に均等にコンクリートを行き渡らせます。

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 09:32
comments(0), -
基礎立ち上がり部分 コンクリート打設

基礎の立ち上がり部分にコンクリートを打設します。

その前に型枠が組まれました。

組み終わると、型枠検査を行います。

型枠の固定状況や並びを確認していきます。

検査が完了すると、前回と同様に

機械で均しながらコンクリートを打設します。

最後に、コンクリートの上面をできるだけ平滑にするため

レベラー材を流し込み、天端仕上げをします。

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 11:45
comments(0), -
基礎完成

コンクリートが固まったので型枠が外され、

基礎が完成しました!

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 12:02
comments(0), -
防草シート施工

家周りには、防草シート施工の上に砂利を敷いています。

雑草がたくさん生えてしまうと草取りの作業が大変です。

防草シートを施工することで、管理が楽になるようにしています。

 

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 14:26
comments(0), -
基礎 配管工事

完成した基礎に、配管の工事が行われました。

赤色はお湯、青色は水を通すホースです。

ホースのつなぎ目はヘッダー方式で連結していて、

本元から枝分かれして家中に配管を通していきます!

この連結部分を床下点検口の下に配置することで、

完成後に点検・管理しやすいようにしています。

 

 

配管が完了しました!

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 16:35
comments(0), -
土台伏せ

土台伏せが行われました。

建物の土台となる木材を、完成した基礎の上に据えていきます。

その際、基礎と土台の間には通気口を設けるために

基礎パッキンというもの(写真の黒い部材↓)を挟みます。

(※別現場 参考写真)

木造建物にとって床下の地面からの湿気は大敵です。

床下に湿気がこもると木材を腐らせ、

建物の耐久性が落ちてしまいます。

床下換気口は床下に湿気がこもることを防ぎ

効果的に換気を行うことを目的としています。

さらに採用しているパッキンはゴム製のもので、

地面からの衝撃や振動を吸収してくれる効果もあります。

次は断熱材を施工します。

冬は室内の熱が外へ逃げにくくなり、

夏は外の熱気が室内に流れ込むことを防いでくれます。

最後に剛床の施工です。

剛床は風や地震などによる水平荷重に対して強く、

床全体に敷き詰めることで耐震性に強い土台を作ります。

土台が完成したので、シートで覆い養生をして建て方に備えます。

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 16:15
comments(0), -
建て方

本日は建て方が行われました!

建て方では建物の構造体となる骨組みを
一日で屋根部分まで、一気に建てていきます。

 

工事の無事と完成を祈り、

お神酒でお清めと乾杯をして建て方が始まります!

先日完成した土台の上に柱を立てていきます。

一階の柱を立て、その上に二階部分の床を組み立てていきます。

二階の床面には、一階と同じように耐震性に優れた剛床を施工します。

二階部分を組み終わると、屋根部分の組み立てです。

屋根を組み終わり、建て方が完了しました!

複雑な構造体が、一つ一つ綺麗に組まれた木材によって完成しています。

author:hachi-p, category:正木町須賀CH, 17:17
comments(0), -